エーカパーダプラサラナアサナその1

「太陽礼拝」コース フェーズ1:ミニ準備運動 エーカパーダプラサラナアサナその1

■ 概要

太陽礼拝では、ウッターナアサナ (膝を若干曲げて) からエーカパーダプラサラナアサナへ、そして最後にまた下向き犬のポーズから腰を若干下ろして (板のポーズより腰を少々上げた状態にトランジションしながら) エーカパーダプラサラナアサナへと移行します。ここでは、まずは、後者、板のポーズより若干腰を上げた状態からエーカパーダプラサラナアサナ (膝を床に下ろさない状態まで) へと移行する運動を抜き出して行ってみます。

この運動で重要なのは、足を前に動かす際に腰を左右に動かさないことです。そのためには、足を動かすことだけに意識を集中するではなく、肛門を引き上げ、下腹部の力を使って足をまっすぐ前に動かすことを意識しましょう。下腹部を引き締めることで、鼠径部をより深く入れ込み、腿を腹部の方に近づけることができ、足を前に移動しやすくなります。

また、両手は指を広げ、しっかり床に踏ん張り、床から浮かせないように注意しましょう。肩や首の力は抜き、利ラックした状態で、下腹部の力を使って足を動かしてみてください。

なお、身体が硬い、あるいは下腹部の筋力が弱い方は、足をなかなか前に出しにくいかもしれません。その場合は、以下のように、ブロックを2個使って行ってみましょう。

【必要なプロップス】必要に応じてブロックを使って行ってください