板のポーズ


■ 概要

板のポーズは文字通り、1枚の板のように肩からつま先までまっすぐ腕立て伏せ状態をキープするポーズです。このポーズはいっけん簡単そうに見えますが、間違って行うと肩関節や手首、あるいは腰痛を引き起こす可能性があります。

このポーズは両手と両足のつま先だけで体重を支えます。土台となる手とつま先をしっかりと床に踏ん張り、その間にまたがる胴体と脚を1枚の板のように固めることで、手とつま先にかかる重みを軽減できます。また、このポーズを行う際に、背中が弧を描いている方をよく拝見します。ひとつは、背中が山のように盛り上がり、肩と手の方に体重がほとんどシフトしてしまっている方、そしてもうひとつは、背中をまっすぐにしようとしすぎて腰部 (おへそのちょうど裏側にあたるあたり) が下がり、お尻が突き出てお腹が下がり、腰部で体重を支えてしまっている方です。言うまでもなく、前者は肩や手首を怪我しやすく、後者は腰痛を引き起こす可能性があります。肛門を引き上げ (動画でもよく「肛門を引き上げ」と言っていますが、骨盤底筋群のことを簡略化しています)、下腹部の筋肉をしっかり使い、手と足の間を板のようにまっすぐカチカチにしてこのポーズを行いましょう。

【必要なプロップス】特になし