板のポーズ~アシュタンガナマスカーラのポーズ

「太陽礼拝」コース フェーズ2:トランジションを学ぶ 板のポーズ~アシュタンガナマスカーラのポーズ

■ 概要

フェーズ1で練習した板のポーズからアシュタンガナマスカーラのポーズへ移る際の動き、そしてアシュタンガナマスカーラを行う際の注意点を学びます。

アシュタンガナマスカーラは、その名のとおりアシュタ(8)のタンガ(部分)でナマスカーラ(挨拶、お辞儀) するアサナです。身体の8か所、額 (顎をつける場合もあり)、胸、両手、両膝、両足のつま先を床につきます。逆に言うと、それ以外の部分は床から浮いた状態にします。

このポーズは、腕の力も必要ですが、下腹部の力が大きな役割を果たします。このレッスンでは、板のポーズからまずは両膝を床に下ろしたら、肘を曲げながら胸、額を順に床についていきます。肘を曲げる際は、左右に広がらないように注意し、脇を締め、なるべく体側にそって曲げましょう。そのとき、肩はすくめず、肩と首の力は抜きます。

また、このポーズでは鼠径部を床から浮かせますが、腹筋を使わずに膝を踏ん張り腰を思いっきりそらせてお尻を上げている方をよく拝見します。これは腰部を痛める可能性があるので避けましょう。むしろ、必要以上にお尻を上げる必要はまったくなく、肛門を引き上げ、下腹部の力で鼠径部を押し上げるようにして行いましょう。